おばま動物病院は、皆さまの大切なペットをお守りします。 長崎県雲仙市小浜町の動物病院

病気の予防について


@ フィラリア症予防

◎フィラリア症とは〜
蚊に刺されることによって感染する病気です。
フィラリアとは犬糸状虫と呼ばれる寄生虫のことで、心臓や肺の血管
に寄生します。
元気消失、咳、腹部のふくらみ、呼吸困難などの症状を呈し、
放置すると死に至ることもある恐ろしい病気です。

◎ 予防法
予防薬があります。
予防期間は蚊を見かけてから一か月後から始め、
蚊を見かけなくなってから一か月後までとなっています。
蚊に刺されて犬の体内に入ったフィラリアの幼虫をまとめて駆除することができます。

投薬開始の際には原則的に毎年一回血液検査を行います。
検査でフィラリア症に感染していないことを確認の上投薬を行います。
予防期間内でお薬の飲み忘れがあったり、年内最後の投薬が不十分だと感染の危険性がありますので、獣医師までご相談下さい。


A 伝染病の予防

ワクチン=予防接種によって犬同士で感染する伝染病の予防を行うことが
できます。また狂犬病は人にも感染する病気ですのでしっかりと予防接種を行いましょう。


Bノミ、ダニなど外部寄生虫の予防

ノミ、ダニ駆除薬のスポットタイプ(液体の滴下するお薬)が処方できます。
皮膚のトラブルだけでなく、ノミ、ダニが別の病気を媒介することがあります。
特に犬のバベシア症は、ダニに吸血されることによって感染し、重篤な症状を呈し、命をおとすこともある病気ですので細心の注意が必要です。




@ 伝染病の予防

猫同士で感染するウイルス性の伝染病の予防を行うことができます。


Aノミ、ダニなど外部寄生虫の予防

犬同様にスポットタイプ(液体の滴下するお薬)が処方できます。
ノミは皮膚病の原因になるだけでなく、瓜実条虫などおなかの中の寄生虫
を媒介することがありますので、しっかりと予防を行いましょう。


Copyright (C) 2007 おばま動物病院. All Rights Reserved.